負動産取引のパイオニア

レインズ(不動産流通標準情報システム)について【REINS】

Real Estate Information Network System

皆さん、REINSはご存じでしょうか。



恐らく知らない方がほとんどだと思いますが、REINSはレインズと読み、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピューターネットワークシステムです。

簡単に言うと業者版の不動産情報サイトです。

アットホームやホームズなどは一般の不動産を買いたい人が見るサイトとして市民権を得ていますが、その業者版といったところです。

レインズは全国に4つあります。



このレインズに登録されている物件を基に不動産仲介業者は全国の不動産を紹介できるようになっています。

お持ちの不動産を仲介会社に売却を依頼する際、契約の種類は

・一般媒介契約
・専任媒介契約
・専属専任媒介契約

以上の3種類の契約方法があるというのは、こちらでまとめました。

3種類のうち、専任媒介契約と専属専任媒介契約はこのレインズ【REINS】に登録する義務がありますが、一般媒介契約にはありません。


しかし現実には、レインズへの登録を行わない仲介業者も多くおり、その行為が負動産の流通を妨げる一因になっている現実もあります。

ちなみに、当サイトは不動産の紹介サイトになりますので、どの種類の契約を締結している方でも問題なく、物件掲載を無料で行っていただけます。

専任で契約しちゃったけど、案内も全然来ないし・・・と半ばあきらめモードになってるオーナー様は是非一度お声かけください。

100万円以下の不動産を、どんな物件のどんな状態のものでも掲載し、引き取り手探しに努めさせていただきます!

2019/5/20